矯正専門医

矯正歯科の認定医

全ての歯科医院で同じ質の医療サービスを受けることはできません。矯正治療を成功に導くためには、 矯正治療が得意な歯科医院を選ばなければなりません。「家の近くにあるから」という理由だけで決めてしまうのではなく、その歯科医院が持つ矯正治療のスキ ルを見極める必要があるでしょう。とはいえ一般の方が歯科医院の、しかも行ったことのない歯科医院のスキルを判断することは難しいでしょう。そこで1つの目安になるのが 「矯正認定医」 です。

認定医

矯正治療に関する知識と経験がある者が「認定医」とされます。
認定医となるためには
「学会誌への論文発表」
「認定試験の通過」
「日本矯正歯科学会の会員に5年以上帰属」
「矯正歯科に専門的に3年以上従事」
という条件をクリアしなければなりません。

その他、所定の研修や論文は、5年ごとに更新の必要があり、歯列矯正の専門医として技能レベルが、落ちないような仕組みになっています。
ほとんどの国家資格は一度試験に合格すれば、一生、有資格者として認められますが、矯正の専門医である認定医の場合は、この仕組みを考えるとそれだけ信頼性の高い資格といえるでしょう。


矯正専門医がいない歯科医院もあるの?

矯正治療というのは、専門的な知識と経験が必要ですが、 実は、制度の上では歯科医師免許を持っていれば行えてしまうのです。
全国で約2万人の歯科医師が矯正治療を手がけていると言われていますが、そのうち 日本矯正歯科学会の会員は約6000人 しかいません。
さらにその中でも、一定の経験と知識を持ち、技術などの審査に合格した 「認定医」は約2000人、矯正治療を行う歯科医の1割 に過ぎないのです。つまり、ほとんど経験がなく、専門的な知識が不足した中で矯正治療を行う歯科医院もあり得ると言うことなのです。

この認定の資格は、公的な資格として表示できませんが、日本矯正歯科学会のサイト上には、都道府県別に認定医を検索できるようになっています。

もちろん当院でも認定医にきていただいています。

高橋 康子

  日本矯正歯科学会 認定医
   高橋 康子


当院で矯正治療を行うメリット

では矯正治療は「専門医のいる矯正専門の歯科医院」で行うのが一番よいのでしょうか?

しかし、専門医院にもメリットだけでなくデメリットもあります。
それは、虫歯の治療ができなかったり、一般歯科への知識が少なかったり、矯正治療においても治療方法の幅が狭められてしまうことです。矯正治療も一般治療もどちらも歯の治療なので非常に深く密接しています。

そこで、 「当院で矯正治療を行うメリット」 がでてきます。
どうしても清掃性が悪くなってしまう矯正治療、気をつけていても虫歯や歯周病になってしまったりすることがあると思います。そのような場合でも早期治療ができたり、虫歯で歯を削る時、矯正医と相談しながら矯正治療の妨げにならないように行えます。
また、通常矯正治療のみで進めていく所に、インプラント治療等を織り交ぜることにより、より効率が良く、費用面でもメリットのある治療が行える場合もあります。より患者様おひとりおひとりに合わせた提案を行うことが可能です。


矯正治療に関する質問はこちら↓

矯正治療Q&A


line

PAGE TOP
Copyright(C) 2012 Arc Dental Clinic All Rights Reserved.